** 新・コバッチョ日記+++☆日々雑感
FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
国会拉致事件
先日の国会でのこのシーンが広く出回っていて、
外国の新聞なんかにも掲載されてるようです。

20150917233412.jpg

自民党の佐藤議員がパンチ一発食らわせてるように見えますが、
まさに「写真は嘘をつく」典型例ですね。

このシーン、ビデオで見るとこうです。




ミル・マスカラスのように華麗には決まりませんでしたが
民主党議員のフライディングボディアタック攻撃を下から押し上げた。
僕にはそう見えるんですけどね。
佐藤議員=自衛隊出身という色メガネで見れば
同議員の「暴力」と見えるんでしょうかねえ。

だいたい言論の府の国会で、このような乱闘騒ぎ自体
ボクシングなのにプロレスしちゃった内藤VS.亀田戦を思い出します。
それに、民主党は集団的自衛権には賛成してたのに
なんで今回は反対なの?という感じでわけが分かりません。
小泉首相の構造改革の時でも、
当時の民主党は構造改革には賛成し、
国会で鳩山氏が

「我が党がやればもっと早く改革を進めることができる」

なんて胸を張り、
小泉改革は生ぬるいとか言ってたのに後年、
世の中が悪くなったのを小泉構造改革のせいにしちゃってましたよね。
決めるがはオラやき。おんしゃが決めるなや。
ということですね。ひとつのヤキモチです。

この議員のへっぴり腰フライングボディアタックパーフォーマンスに比べ、
山本太郎議員の一人パフォーマンスは笑えます。
一人牛歩に続き自民党席や首相に向かい、数珠持ってご焼香ですw

https://gyazo.com/b0a66f8fd753f6e5b92f43fd84dbaa9d

CPLlDLzVEAENNiO.jpg

山本太郎は出発が海パン一丁ですからね。
恥ずかしさを知らないんで怖いものないですw
しかし、一番驚いたのはコレですね。

http://blog.livedoor.jp/korban/archives/1040475615.html

自民党の大沼瑞穂参院議員(36)が引き倒され拉致寸前。
犯人は民主党の津田弥太郎参院議員(63)のようですが
何をしたかったんでしょう?
大沼議員が安倍さんの妻に似てるから、
拉致して法案を阻止しようとしたのかな?

002174.jpg

yjimage.jpg

上が大沼議員、下が安倍妻です♪








行かなーくちゃ
マイナンバー制度のことが知りたくて、
知人に電話したんだけど、
安保法案の話になり
国会前に行った?と聞いてみた。
反原発運動の時から何回も行ってるそうで、

最近の若い方たちはスゴイよ。
「最近の若いもんは・・・」
とか言えない・・・

らしいw
今日も5時15分から市役所前で
抗議行動があるけど行かない?
と誘われたけど、
生憎夏の疲れからか帯状疱疹がでて、
右肩から背中にかけて(*)痛い。
神経節に菌が潜んでいるそうで、
神経と皮膚を刺激されるチクチクとした痛さです。

パソコンのしすぎだね。
控えたら?とか言われるんだけど
仕事だからねえ・・・仕方ないです。

で、国会前とかで抗議行動してるのを見るにつけ、
この中の何%の人たちが選挙に行ったのだろう?
そして自公以外に入れたのだろう?
と思ったりするわけです。
実際あの中にも創価学会会員とか
自民党支持者もいるみたいだし、
自分には関係ないと選挙に行かなかった
若い方もいることでしょう。

そういったことを考えると「選挙」って
大事だなあと思いますね。
選挙が終り開票された時点で今日あることは
すでに予想されてるんだから。

たとえ民主党や自民党のTPPみたく、
公約とは正反対のことをされても、
また騙されるかもしれないけれど、
革命を起こす勇気がなければ
それでも選挙には行かなくちゃと考えます。



(*)帯状疱疹は疲れたところに出るそうです。






もうすぐ「やまもも」の季節です
母を亡くした女の子が小3の時に書いた
「ママとの約束」という作文が、
小学校2年の道徳教育の教材として
この4月から使われているらしいのですが、
子どもを使った「美談」は苦手です。

ワシはこっちの詩の方が好きじゃきにw

ウチのある女の子(*)が
「面白いので読んでみて」
と新聞の切り抜きをくれました。

20150516.jpg

  ◯◯小6年 女の子

うちの牛は、時々脱走する。
その中でも
この前、二階から脱走した牛は
すごかった!!

まず
鼻輪をくくっていたロープをちぎり
となりの牛に、一発ケリを入れて
そして、下に降りて来ると
お父さんの中古の車をぶちこわし
お兄ちゃんの新しい自転車をぶちこわし
やっと
お父さんの手によって、つかまった

でも
新しかったお兄ちゃんの自転車は
もう、直しようがなく
自転車をこわした牛は
今だに、お兄ちゃんにうらまれ
「いつか、ハムにしてやる」
と言われている

-第15集(1991年)よりー



「うちの牛は、時々脱走する。」
初っ端からセンセーショナルで読む者を惹きつけます。
そして
「すごかった!!」
と、いきなりダブルの感嘆符!!
先の展開が楽しみです。

ロープをちぎりケリを入れ、
車を壊し自転車を壊しと、
突発的なアクシデントにも関わらず
その、冷静な作者の観察眼にも驚かされます。
しかし、「ケリを入れ」には笑ちゃいますよね、
笑っちゃいけないだろうけどw

で、脱走した牛さんはお父さんに捕まるわけですが、
お父さんの「手によって」という言葉の選び方・・・
上手いなあと思いましたね。
僕なんかだと単に、「お父さんに捕まった」ですねw
小6でねぇ・・・いや、脱帽。

お父さんの「中古の車」と正直に書くことで
お兄ちゃんの「新しい」自転車が生きてますよね。
で、新品のお兄ちゃんの自転車は
中学入学祝いに買ってもらったものなのかな?
とか、家族の情景も浮かんできます。

書いたのが小6で1991年。
今は36才くらいでしょうか?
お兄ちゃんは40前くらいかな?
お父さんの後を継いで牛を飼ってるのかな?
とか、その後まで想像が拡がり、
いやーホント、素晴らしい詩です。

で、私、気になったのは
ハムはブタで作る・・・という事実。
この事実を大人になって知った時、
お兄ちゃんの憎しみはどうなったんでしょう。
作者に聞いてみたいです。



(*)上記の女の子と、「女の子」の意味合いが違いますが・・・w





行方不明のおそれのある人
今朝のNHKニュースで、土佐山田の龍河洞で、
洞内の照明を消し、提灯に入れたローソク一本の光だけで
洞窟内の遊歩道約1キロを歩くイベントに600人が参加した・・・
とかやっていた。

で、参加者へのインタビューで、小学生くらいの子どもに

真っ暗闇で怖くなかった?

とか聞いていて、
当の子どもは全然怖くなかったとか答えていたけど、
一本のローソクの光とはいえ600人が一列に歩いてるんだから、
映像でも分かったけど全然真っ暗闇なんかじゃないわけで、
このアナウンサーは実際に歩いたんか?
それとも本当の真っ暗闇を経験したことないんじゃないか?
とか思ってしまった。

で、全国ニュースに移り広島の災害を取り上げ、
死者○人、行方不明○人、行方不明のおそれのある人○人・・・
とか言ってたけどはて、行方不明のおそれのある人ってどういう人だ?
居場所がわかれば生存者だろうし亡くなったのが確認されれば死者。
居場所が分からいから行方不明じゃないの?とか思った次第。

消防士の方と一緒に亡くなった男子の知人たちにもインタビューしてたけど、
災害直後ならまだしも今この段階でそういうことを執拗に繰り返す必要があるのだろうか?
せめてこの子だけでもと両親は消防士の方に我が子を託し、
両親は生き残ったけど我が子は不幸にも消防士の方と共に泥流に飲み込まれたわけです。
両親もだろうけどこの消防士の親族の方たちがこの映像を見たら
いたたまれない気持ちになるだろうなあと思った。





進路図三様
台風の進路が気になって見てるんですが、
モロ、ですね。

で、最近、米軍の情報が日本の気象庁よか正確、
と評判ですね。

20140809b.jpg

米国との時差9時間をプラスする必要があるけど
どこをいつ通るのかがズバリと示されていて非常に参考になります。
地図も大きくてシンプルで見やすいですね。

20140809a.jpg

お隣の中国、中央気象台のです。
これ、スクリーンショットで画像にしてアップしてるからできないけど、
実際のは地図を拡大したり動かしたりできるので便利です。
進路図もシンプルで見やすいです。

最後に我が気象庁

20140809c.jpg

どこ通るのよ?


公平をきすため、全てスクリーンショットで撮影し、
縮小率は同じにしています。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。