** 新・コバッチョ日記+++☆風が舞いながらといたものはなんでしょう?
FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
風が舞いながらといたものはなんでしょう?
ミレー展の宣伝記事が終り、
昨日から新しく伊方原発のルポが始まった我が地元紙です。

20140206a.jpg

昨日今日と見る限り、なかなか期待が持てそうです。
今日の書き出しが詩的で素晴らしい。

20140206b.jpg

 緑色をした平べったい
大小の石が埋める海岸べ
りを進むと、やがてさら
さらした砂に変わり、手
にすくい取ると抹茶のよ
うな粒が風に滑った。



「石が埋める海岸べり」
「(砂の)粒が風に滑った」

んんんん・・・
意味分かんねえw

昔、コマーシャルフォトという写真雑誌で、
一色仁というカメラマンが、好きな言葉として

「風が舞いながら帯をとく」
「道に迷った探検家よ、お前の船は難破した」

というのを寄せていて、
彼の言葉なのか誰かの詩の一節なのかは
知らないけれど

やっぱ一流は言うことも違うなあ。

と思ったものです。
僕にとってはそれに匹敵するフレーズなので、
これからの連載が楽しみです。

原発といえばこの映画ですよね。
「原子力戦争」。
田原総一朗の同名小説を黒木和雄が監督して作りました。
主演は原田芳雄で、あの、世界的モデルの
山口小夜子も出ています。しかもベッドシーンつき












スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。