** 新・コバッチョ日記+++☆ルワンダの珈琲
FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ルワンダの珈琲
ルワンダの涙」って映画がありますね。
ルワンダ虐殺を描いた映画で、それに出て来る
高田純次に似た神父さんに非常に感銘を受けました。

あらすじ

英国人青年ジョー・コナー(ヒュー・ダンシー)は、自分だったら何かを変えられるという信念を抱いて、海外青年協力隊の英語教師としてルワンダにやってきた。英国ローマン・カトリック教会のクリストファー神父(ジョン・ハート)によって運営されていた公立技術専門学校(ETO)に赴任するが、ルワンダではフツ族とツチ族とが長年に渡る部族間の争いが続き、世界各国から派遣された国連治安維持軍(UN)が監視をしており、学校もベルギー国連軍兵士が駐留していた。不穏な動きの情報があるものの、学校の中は生徒たちの笑い声は絶えず、平和そのものに見えていた。だが、その平和も一瞬の出来事から地獄の時を迎えることとなる。1994年4月6日の夜、アルーシャを介とした停戦協定を結ぶために、フツ族出身のハビャリマナ大統領が乗った飛行機が何者かに撃墜される。もしかしたらクーデターかも知れないという噂が広がり、学校はそこが非戦闘区域である事を宣言し、国連兵士たちが生徒たちを守る為に学校を取り囲む。部族紛争がはじまり、彼の学校が大量虐殺〔ジェノサイド〕から逃れてきた何千という難民の為の避難所となった時、ジョーは彼のお気に入りで最も成績優秀な生徒マリー(クレア=ホープ・アシティ)に、国連軍が必ず君たちを守ってくれる、と約束する。しかし学校の外では過激派民兵〔ミリシア〕による血みどろの虐殺が繰り広げられていた。そして国連軍がもうこれ以上難民を保護できないと手を引いたとき、ジョーと学校長のクリストファー神父は人生最大のジレンマに立たされる。彼らもまたその場所を立ち去るべきか、それともルワンダの人々を守る為に立ち上がるべきかと。国連軍のトラックが不安におびえる難民たちの群れをかき分けて退去してゆく中、ジョー、そしてクリストファー神父はある決断をする……。


平和維持の為に駐留してくれていると思われた(隊長は「我々の目的は平和の『監視』です」と答えている)国連軍が命令により逃げ出すとき、同軍の撤退に批判的だった主人公の青年ジョーに、神父さんは国連軍と共にこの地を去る事を勧めます。青年は当然神父さんも行動を共にするものだと思っていたのですが、退避するトラックの荷台から、群衆の中で微笑む神父さんを見つけ驚き、駆け寄ってどうして一緒に逃げないのかと問う青年に、神父さんは答えます。


私は残る
そうすべきなんだ



なぜです


君は聞いたね
神は一体どこにいるのかと
私は知っている
神は ここに苦しむ人々といるとね

神の愛を感じるよ
かつてないほどに強く深く
私の愛もここだ
私の魂だ
今 去れば
二度と見つけられないだろう


愛する神がすぐそこにいる。
ここで逃げ出すようだと私は二度と
神の姿を見ることができない。
だから、いかなる事態が待ち受けていようとも
私はここを離れないし神と行動を共にする。

ということなんでしょうか?
すごい信念だと思います。



ルワンダの涙15(携帯ココ)


その、ルワンダ共和国産の珈琲が
いつもの珈琲屋さんにありました。
さっそく買って来たのですが・・・

20121129a.jpg

「ルクンダ」になってました。
どこの国やろ?



ルワンダの涙1〜9→ココ
ルワンダの涙10〜14→ココ
ルワンダの涙16〜18→ココ




スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。