** 新・コバッチョ日記+++☆2014年01月
FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
霧の中でひとり
霧が出てました。

20140130.jpg

冬場には珍しいですね。
お客さん、無事着いたかな?



オマケ・・・








スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
素人の希望的観測
東京都知事選、期日前投票では桝添氏が40%、
続いて宇都宮・細川氏が20%弱で続いてるそうな。

これを受け、2強対決ではなくなったと早とちり、
いや、世論誘導してる評論家もいるけど、
もしこの数値が事実だとしても
期日前投票なんて多くは組織的に動いてるから、
そういった組織を持ってない細川氏は弱いよね。

って素人の僕は思うんだけど、どうなんだろ?
舛添にはS学会がついてるし
宇都宮には日共がバックにいるしね。
つうか、宇都宮さん日共そのものらしいしw
しかも中国研修済の日共超エリート。
隠してるけどね。

そう考えたらこの数値、細川氏の逆転は可能・・・
いえ、素人の希望的考えですw




想い出のカメラ
カメラをお願いしている糸巻きクンによりますと、
ニコンからDfの件で連絡があったようです。

消費税が上がるまでに入ることは100%ない、と

3%違えば7000円くらい違います。
えらく違います。

そんなことより代替に何を出そうか悩んでいます。
一応D2Hとは言ってあるんですが、
使ってないとはいえ想い出深いカメラだしなあ・・・

カメラはいろいろ使ってきたけれど、
愛着のわくカメラとそうでないカメラとがありますね。
フィルムカメラではF2。
なにせ初恋の人みたいなもんですから
無茶苦茶想い入れがあります。

D2Hははるばる北海道からやって来たカメラで、
遠距離恋愛の末結ばれたみたいなものかな?(笑)
デザイン面では今まで使ってきた、
あるいは現在も使ってるデジイチの中では
一番気に入ってます。
しかしなにせ400万画素。
暗いとこにも弱いし、どうしたもんか・・・










あぁ青春
今日は東の方でお仕事があったので
久しぶりにヴィレッジヴァンガードに行ってきました。

20140128a.jpg

「イチキュウナナニ・セイシュン・グンカンジマ」と
「くらげのくに」という写真集を買いました。

軍艦島の右に写ってるのは
その後ドリームで買った「ロットボタン」。
先日買ったドンケのカメラバッグを
自分好みに改良するためのものです。

軍艦島も、くらげの写真集もいいですねえ。
特に軍艦島。
いま「廃墟ブーム」で人気のようですが、
廃坑間近の島とはいえ人々の生活が写ってる。
どれもこれもいい写真です。
本人もこう書いてます。

最近、軍艦島の廃墟写真をときどき見かける。私は生きていた島の記録を見てもらいたいと思った。私的な写真だし、炭鉱の島なのに採掘している坑夫の人たちもでてこない。閉山の一年前に、ひょんなことから紛れ込んだ、青春軍艦島の記録です。


そしてあとがき

暗室に入ると26歳の私になる。一枚一枚焼くごとに、その時の状況が目の前に立ち上がってくる。暗室作業が終わって外にでると現実の世界が、つぎの日また暗室に入ると若い自分に、幾日もそのくりかえし。過去と現在を自由に往き来する、不思議で、楽しい作業だった。


M浦くん、「買い」だよw


「くらげのくに」は綺麗で神秘的な写真集です。
見てて癒されます。
でも、なんで綺麗な写真の表紙に無粋な
宣伝シール(写真で丸いピンク)なんて貼るんだろ?
綺麗に剥がれるなら剥ぐけど、どうなるか分からないしね。
最初の方のページにこんなん書いてました。

20140128b.jpg

写真が光ってるとこがありますがクラゲではありません。
天井の蛍光灯が写り込んでいるのです。

ものを多くもつことが、
豊かであること、
すぐれていることを意味しない。
クラゲの仲間は、10億年前
太古の海に誕生して以来、
脳も心臓ももつことなく
生きつづけてきた。


クラゲは脳も心臓もないのか。
スゴイな。
それに比べ僕は、Dfがぁ〜なんて言っちゃうし
昔読んだ暉峻淑子さんの「豊かさとは何か」
を思い出しちゃった。

20140128c.jpg









まるでよさこいw
U-20デモってのがありますね。
U20ってのはアンダー20・・・20才以下、
つまりは10代ってことですが
エロブログが書いてるからって
成人規制のエロ映画とかやなかとですよ。
あれは18才でしたよね?確か。

10代の若者が「特定秘密保護法」に反対しデモるんです。
それが昨日東京でありまして、各紙が報道したみたいです。
今日は近所の喫茶が休みだったもので新聞読んでないんですが
高新も報じたのかな?

で、そのデモの撮影は事前申告制で、
前日までに申告してないと撮影できなかったみたいですね。
まるで「よさこい追手筋会場」みたいw
報道機関は別ですよ。
「報道の自由」がありますから。
申告制にするのはいいんですがただ、
参加者でない通りがかりの人達が

「あ、デモやってら」

と、携帯やデジカメで撮った場合どうするんでしょうね?
主催者が注意に回り、公表できないように
メディアとかを没収するんでしょうか?
大変ですね。

というわけで、
本日のYouTubeはU-20の1/10、
つまりは「U2」ですw
あ、今日はYouTubeではなくFC2動画です♪



【インタビュー場面】

"ブラッディ・サンディ"を収録すべきか迷ってる
あの いまわしい日
北アイルランドのエニスキレンの爆弾事件のことを
人々は忘れかけてるからね
僕らの気持ちが届くか不安だ


【ステージ上】

【語り】

我々アイルランド人は
昔からアメリカに渡って来ている
大飢饉でアイルランド中が飢え
イギリスが見捨てた時から
今日に至るまですごい数のーーー
アイルランド人が移り住んでる
合法的だったり非合法だったり様々だ
失業から逃れてやって来た人々
北アイルランド紛争や
刑務所の増悪や拷問から逃げた人々
テロリズムの凶行から逃れる者
エニスキレンの町で起こったテロでは
11人の死者と多くのケガ人を出した
ブラッディ・サンディ(血塗られた日曜日)に

【歌】

信じられない今日のニュース
目を閉じても追い払えない
いつまで この歌を歌い続けるのか
いったい いつまで・・・
今夜こそひとつになろう
今夜こそ・・・

子供たちの足元に割れたビン
死体が通りに散らばってる
戦いの音に耳をふさぎ
どうにも出来ないでいる
サンデー ブラッディ・サンデー
血塗られた日曜日

まだ戦いは始まってない
多くを失い だれが勝った
我々の心に掘られた塹壕
母も子も兄妹も引き裂かれた
サンデー ブラッディ・サンデー
血塗られた日曜日

いつまで この歌を歌い続けるのか
いったい いつまで・・・
今夜こそひとつになろう
今夜こそ・・・

【間奏・語り】

聞いてくれ
何十年も国に帰ってない
アイルランド系アメリカ人が
僕に話し始める
アイルランドの抵抗運動や
革命の話をだ
革命の栄光や革命での死の栄光の話を
革命 クソくらえ!
革命での殺しの栄光はどうなんだ
何が栄光だよ
男が床を引きずられ
妻子の前で撃ち殺される
それが栄光か
爆弾が栄光か
古い勲章を首に下げた英霊記念日の
年寄りたちの行進を爆破するのが?
それが栄光か
死にかけてる者
手足を失った者
革命の瓦礫の下に埋もれ 死んでる者
そんなもの国では誰も望んじゃいない
もうやめてくれ!

一緒に!

【歌】

涙を拭け
涙をぬぐえ!
まっ赤な目を
涙をぬぐえ
サンデー ブラッディ・サンデー
血塗られた日曜日

確かに おれたちは免疫だ
フィクションとテレビの中の真実
今日 何百万もが死んでいる
かたわらで おれらは飲み食い
真の闘いを始めよう
イエスの勝ち取った闘いを
サンデー ブラッディ・サンデー
血塗られた日曜日



DVDの字幕スーパー見ながら打ち込むの、大変なんだからw
でもこうすることによって「意味」とか覚えるからいいことですね。

僕の息子は小学校時代、教科書類は学校に置き、
ランドセルの中にはノート一冊と筆箱、
学校から配られるプリント類しか入ってませんでした。
理由は教科書持って帰ると重いしメンドイからですが、
本読みの宿題なんかはどうしてたかといいますと

しなかったw

じゃありませんよ。
その部分を学校でノートに書き写してき、
それを読んでました(笑)





電話はやがて番号通知へと変わった
ちょっと、ある人に勧められたので
Amazonで買って、こんな本読んでました。

20140126.jpg

すっごく良かったです。
文章もテンポがあって読みやすく、
一晩で読んじゃいました。
お勧めです。

読書感想文というのは小さい頃から苦手なので
Amazonnからパクりますw

事件が知られていないのも道理で、
この5件の事件を同一犯による連続事件と推測したのは清水氏が初めて、
実はそもそも、一件は冤罪事件であり、その冤罪が晴れて初めて
闇から姿を現したのがこの大事件なのですから……。
しかも、その冤罪事件こそ、あの「足利事件」!
戦後6件目の再審無罪ということで大々的な報道がなされたのは
記憶に新しいところです。
その端緒を作っていたのが清水記者だったというのは、本当に驚きでした。
なんなのでしょうか。このスケールの大きさは。
そして同時に起動される、新たな取材対象……すなわち、「真犯人」。
執念の取材とはこのことか、と痛感しました。
こんな記者、いったい何人この世にいるんでしょう。すごい。



テレビで放映されたそうですが、
見てないけど清水さんって素晴らしい記者ですね。
「弱者に寄り添う政治」とか、
口先だけの候補者も多い中、
被害者家族に寄り添うとはどういうことなのか、
考えさせられるノンフィクションでした。


一番感動した部分は以下です。
やっと探し当てた足利事件の被害者家族(松田さん)の知人に、
(松田さんへの)手紙の転送をお願いしていたところ、
その松田さんから電話がかかってくるんですが、
電話に出るなり一気にこう言われます。

「迷惑ですので、二度と手紙も出さないで下さい。
取材など受けるつもりはありません。
それを伝えたくてご連絡しただけです・・・
今さらなんですか・・・」



にべもないとはこのこと。
しかし・・・

その日から松田さんは何度か私に電話をくれた。
電話はやがて番号通知へと変わった。
そしてついにはお目にかかれるようになった。



赤字部分です。





真理ちゃんも今は・・・
先日、可愛い女の子を撮影する機会に恵まれまして、
鼻の下伸ばしながら撮影したわけですが、
その子のお父さんと僕に妙な共通点がありまして、

まずは同い年。
で、高校の頃はガリガリだったが今はブヨブヨ。
昔はいくら食べても太らなかったのに
今は水飲んでも肉がつく(ちょい大袈裟?w)
趣味は写真・・・・

とか、いろいろあったんですが
極めつけはコレ。
天地真理のファンだった(笑)。
でも、その子のお父さんは握手までしてもらってて
僕は会ったことすらないという大きな違いがありました。










さわらぬ神に祟りなし
先日、こんなメールが来ました。

送り主は「三菱東京UHJ銀行」。
件名は「三菱東京UHJ銀行本人認証サービス」。
内容は

2014年「三菱東京UFJ銀行」のシステムセキュリティのアップグレードのため、貴様のアカウントの利用中止を避けるために、検証する必要があります。



というもので、
「以下のページより登録を続けて下さい」
と続き登録用だと思われるURLが書かれていました。

本物っぽいんだけど大きな間違いを2つしでかしてます。
第一僕はその銀行とはなんら関係なく、
アカウントなんて持ってない。
次に、送られて来たのが「1月19日」。
つまりは日曜日w
ダマされるもんですかw

しっかしみなさん、アクセスしてもらおうと
いろんな工夫を凝らし懸命ですねえ。
手を変え品を変えお誘いメールが来るのは
スケベなサイトを覗いた罪と罰ではありますが(笑)

mixiでもたま〜に来ますね。忘れた頃に。
若い女性を装い「お友達になりましょう」とかw
mixiにメッセージが入ったらパソコンに転送され、
メッセージの冒頭部分だけ表示されます。
それを見て「怪しい」と思ったら無視、ですね。

さわらぬ神に祟りなし、です。






傘はあるしカネもできたし
年末あたりから

かーねがなーいない♪
かーねがない♪
ディーエフ買ぁいたしカネがない♪

と口ずさんでいると、

Here come the money♪
Here come the money♪
(怪しい英語w)

と、
「いつの間にか少女は」という感じでカネができまして、
さて、買おうかな、と思ったんですが
相変わらずの人気で相場はひとつも下がってませんね。
あ、ディーエフとはニコンのデジイチDfのことです。

で、考えました。
このままの人気が続けば、
味をしめたニコンが第2弾を出すんじゃないか?
その時はローパスレス。これ、最高。まさに理想。
「限りない欲望」であります。

そういうわけで、まだ買い控えてるんですが、
ニコンはそんなに馬鹿じゃないから出さないかな?
出るとしても数年後だしなぁ・・・

というわけで糸巻きクン、電話するかもしれない。


で、「かーねがなーいない♪」の元歌はもちろん

あーめがふぅります あーめがふる

ですが、これ

あーそびに ゆーきたし かぁさはなーし

と続きますね。
そこでこのプロモーションビデオです。









明日はあるのかないのか、それが問題だ
僕は鎌田慧(さとし)氏というジャーナリストが好きで、
彼の本はジャーナリストとしては本多勝一氏に次いで持ってます。
その彼が今度の都知事選で細川氏を推しましたね。
日頃の彼の言動からは考えられないことですが
今はそういう「時」だということでしょう。

細川氏を始め、氏を取り巻く面々が過去にやってきたことを
鎌田氏が知らないことも忘れたことももちろんないはずです。
それでも細川氏を推すにはそれなりの理由がある。
その理由を理解しようとしない人たちに岩下氏はこう訴えます。

純粋真っ直ぐクンとお花畑嬢そして党勢拡大に利用しようとしている自民補完勢力(ハッキリ言って民青=共産党)は論外としても宇都宮先輩(僕の高校時代の)を推す「あるグループ」の正しく筋の通った理屈はよ〜くわかる。日本の次の時代の政治を担うであろう人たち、とりわけ三宅洋平君のところに細川グループの某文化人が一本化のために宇都宮さんを止めさせるように要請に行ったとき、その申し出をただちに断った君の言い分は全く正しかった(と聞き及ぶ)。洋平君の言うとおり細川も小泉もその過去の経緯からして決して許せないと僕ですら思っているのだから。

しかしそれでも、君は間違っている。(今回だけは、、、)、、、とても残念だけれど。


今回の都知事選はもうしばらくは国政選挙がないとされる今日、安倍の暴走を止める手立てがほかになく、原発推進か反原発を決める「最終的な手段」なのだ。そうしないと間に合わないのである。

今現在でも寸暇も休まずどくどくと放射能は太平洋に流れ、大気中にまき散らされ続けているのは誰もが知っているまぎれもない「事実」である。そして「地球儀外交」という名の原発の輸出=途上国へのばら撒きは止まらず、さらに今年中にも再稼働、あわよくば新設すら画策されているのだ。

清く正しく一点の曇りもない「反原発」がただちにデモや次の国政選挙で実現されるとは考えにくい。よしんばその祈りが数年後に実現されたとしても、すでに全てが腐海となった地上には物語のような「風の谷も」なく「ナウシカ」も現実にはいないのである。

宇都宮さんも彼を支持している善良な人達も昔から知っている。彼らにしてみれば、ブログで怪気炎を吐く僕を見ておそらく岩下はついに頭がいかれたと思っていることだろう。ブロガー仲間には所詮閻魔と気取ってもただの小沢教信者だったのかと蔑まれているだろう。

それでなお、

今度ばかりは盗賊、野党の手を借りてでも殿を擁立するしかないのである。

このまま小泉らの権謀術数に嵌って滅茶苦茶になり結果自民党を生き延びさせたとしても、

それでもなお、日本をいや世界を「腐海」にするよりましなのだ。濁った澱みを浄化することは可能でも、放射能に犯された腐海を回復することは何十万年もかかるのだ。それまで人類が存在しているという保証はないが、、、。

くれぐれも間違わないでほしい。今回の都知事選は反原発票を割るとか割らないとかいうセコイ問題ではなくて国民の約一割の国民による事実上の「国民投票」そのものであるのだ。

くれくれも間違わないでほしい。都知事府知事はどんな「ポン介」でも出来る仕事なのだ。そんなことは問題ではない。まことしやかなマスコミの嘘に惑わされないでほしい。


今、安倍の暴走、原発を止めなければ日本はいや世界は終わる・・・
終わった後で反戦平和を訴えたところでどうにもならないだろう。
てめぇはそれでよくても子や孫はどうすんだよぉ・・・
と言っているのだ。。
そこのところが「運動は長い目で」などと
呑気に構えている連中との大きな違いだ。

宗教上の理由で手術時の輸血を拒否する宗教団体があるけれど、
それを「我が子」にも適用さそうとする親に対し

「てめえは自己満足で死んでも本望だろうが子どもが可哀想」

と多くの大人たちが言った。
それと同じだと思うんだけれど、
「明日がある」と思ってる人たちとの
危機感の違いはいかんともしがたい。



この宗教団体の信者は、エホバ神が悪魔との最終戦争に勝利したら
死んだ人間が生き返る(信者だけ)、ということを信じてます。
つまり死んでも彼らには「明日がある」のです。





ご要望にお応えしてw
女友達から

「LINEやりーよ」

とメールが来たので始めてます。
登録したら何人かの辞めた女の子から

「コバッチョLINEはじめたがや」

とLINEメッセージが来ました。
LINEへの登録名は「コバッチョ」じゃないのに不思議だな〜
とか思ってたら、
僕の電話番号をその子が登録している名前で
「お友達じゃありませんか?」とか出るようですね。
なので、僕の電話番号を「すけべじじぃ」で登録してたら
いくら僕がLINEに「イケメン太郎」で登録しても
「すけべじじぃ」になるわけで、
うまいことできてるなあと春から感心しています。

で、mixiでしてたゲームが20日で終了しちゃったので
今はLINEのゲームを楽しんでます。
mixiのは無人島を開墾していくゲームで、
なかなか面白かったんだけど、ま、しょうがないですね。
自分でゲームを開発できる能力があれば別だけど
んなもん当然ないわけで、
ゲームやりたきゃ与えられたゲームを楽しむよりほかありません。

選挙も同じですね。
アイツもいやコイツもいや。
ソイツとオマンはもっとイヤ。
えいヤツおらん。けんど文句は人一倍多い。
じゃ、あんたが出れば?被選挙権、あるでしょ?

明日から東京都知事選。
選挙権はないけれど、楽しみですね。





キャーキャー叫んだり一緒に歌ってる女の子、
もう60過ぎてるんだろうね(笑)
でも、なんかいいです。
誰にでも青春はあったんだねえって感じがします。







彼自身にとって都知事になってもならなくても、よいことはなに一つもなく晩節を汚すだけでしかないが、なぜか殿の義務感のようなものにつき動かされたに違いないのだ。

周辺の海千山千達にはそれなりのメリットも推測できるが、細川護煕自身にはデメリットしかない。それでも出馬するのは原発を止める千載一遇のチャンスは「今しか」ないからである。





ほのぼのライス♪
前回記事からもう10日以上経っちゃいました。
この時期、忙しいですね。
その忙しさの合間をぬって少し息抜き・・・
素敵なカフェレストランに行ってきましたよ♪

20140118a.jpg

写真のように木立に囲まれたカフェです。
当然山の中にあります。
現代の武器、カーナビをもってしても
辿り着くことができるのかどうか・・・
生憎僕のクルマはついてないので分かりません。

某サイトの情報で自分なりの案内図を作り、
それを頼りに行って来ました。

20140118b.jpg

お店の中から見た外の景色です。
実はすぐ側に高速が通ってるんですよね。
以前高速からこの建物を見、

なんじゃあのお洒落な建物は?
別荘か?

とか思ったものですが、やっと解決いたしました。

食事メニューはそんなに多くなく、
オムライス・カレー・ししバーグ・パスタ・和定食
くらいだったかな?
食事以外、ケーキ類もあります。
ししバーグとはイノシシ肉を使ったハンバーグで、
珍しいのでそれにしました。
面白いのはセットにするとデザートとかの他に
パンも付くんですよ。
なのでライスとパン、両方食べれます。
みきちゃん向き(笑)

20140118c.jpg

20140118d.jpg

まずはサラダとスープが運ばれて来ました。
味もしっかりついてておいしいです。
テーブルの天板はもちろん分厚い木の一枚板です。
お盆というかなんというか、まあトレイですかね?
それも木の一枚板でなかなかいい感じ。
木のまな板をもっとオシャレにしたもの、
と思っていただいたらいいかと・・・

これは期待できますよぉってとこで、
いよいよ「ししバーグ」が運ばれて来ましたよ。

20140118e.jpg

美味しそうでしょう。
が、ここで考えられないハプニングが・・・

「すみません・・・
ご飯がなくなって、30分ほど待っていただけますか?」

記憶で書いてるのでこの通り言ったかどうかは
定かではないけれど(以下同じ)、だいたいこのように・・・

え?

驚く私。
ありえんろ(笑)
30分もしたらハンバーグ食べ終わってるし。
ご飯だけ食べるのか?
とか思ってたら

「ご飯の代わりにパンをお持ちします」

とのこと。
そういえばセットにしたからパンも付いてるやん。
それとは別に持ってきてくれるそう。
じゃ、それでいいんやない?と思ったので。

「じゃ、それでいいですよ」

と私と同行者。
女性は丁重に詫びを入れ厨房に引き返し、
少し後にパンをお盆に入れ出てきた。
あれ?ご飯も持ってるやん。

「ご飯ありました?」

と私。

「ええ、元々このくらいはあったんですけど足らなくて」

とは言うもののそこそこな量。
気取った店ならもっと少ないしw
僕には足りないだろうけど同行者には十分な量だ。
これにパンが付くんだから僕だってお腹はいっぱいになるさ。
同行者は余すぞ・・・とか思ってたらおかしくなってきた。

「このくらいあれば十分ですから追加のご飯はもういいですよ」

と言うと

「でも・・・」

と口を濁し

「ご飯が炊きあがったらどうされるかまたお伺いに来ます」

と言って厨房に下がった。

20140118f.jpg

右がセットに付いてる「しいたけ」が
中に入ってるというパン。
客層から考えてご飯だけで十分お腹がはるだろうに、
セットにつけるということは多分これが
「売り」のひとつなんだろう。
左がご飯の代わりに提供されたパン。
分厚いし(笑)



ご飯も食べしいたけパンも食べ分厚い食パンも食べ、
おいしいししバーグも平らげてお腹いっぱい。
後はデザートを待つのみだけど入るかな?w

でもそのデザートがなかなか来ない。
僕達が一番あとの客で、他のお客さん達は
もうデザートも食べ終わってるのにやけに遅いなあ・・・
同行者も

「のんびりできていいお店ですね」

とか言ってるしw
別に急いでるわけでもないし、
お客さんが立て込む気配もないので
ノンビリ待つことにした。

以前行った山の食堂はお客さんが
次から次へと来てノンビリできなかったけど
ここはホントにいい。
テーブル数はわずかに4つ。
4人掛けテーブルが3つで6人掛けがひとつ。
暖かくなればテラスでも可能だけど今の時期はちょい辛い。
子供連れで来、食後子供たちは外で遊ばせ
大人は中、ということも可能。
でもそのうち人が知るところとなり混みあうのかな?
・・・・・・




えーさてと、驚愕の最終章へと話は進みます・・・w

30分くらい経ったかな?
厨房から女性が出てき、
ご飯と料理の入ったお皿をお盆に入れ持っている。
他2組のお客さんはおばさま方ばかりで、

そのおばさま方が追加注文したのかしらん?
よく食べるなあ。
けど、あんな料理メニューにはのってなかったような・・・

とか興味半分に思考を巡らす僕の頭の中からは
「追加のご飯」のことなどすっかり消えていた。

女性は僕達のテーブルに近づきお待たせしました
と言いながら持ってたトレイを置いた。

20140118g.jpg

おばさま方の追加注文だと思ってた料理は
お店から僕達への「詫び」の品だった。
そりゃまあご飯だけ持って来られても
塩でも掛けにゃあ食べられないけど
これほどしてもらわなくてもねえ(笑)
お腹は十分過ぎるほど膨らんでるのだから。
まあしかし、みきちゃんだったら大喜びだねw

というわけで楽しい経験させていただきました(笑)
オープンが去年の9月だとかで、まだ不慣れな点もあるけど
お店の方もほのぼのしててすごくいい感じです。

デザートももちろん食べましたよ。

20140118h.jpg

何のケーキか説明受けたんだけどもう忘れちゃった^^;
パンもケーキ類も多分手作りだと思います。

帰り際、もう他にお客さんもいなかったので

「最初に運ばれてきたご飯だけで十分でしたよ」

と言うと

「普通はあの1.5倍くらい入ってるんです」

とのこと。

「今日はおまけまで付けていただいて 得した気分です」

「そう言っていただけると嬉しいです」

と楽しく会話が続きました。

あとスゴイのは犬が10匹くらいいること。
しかも柵内真ん中に広い犬の運動場みたいなのがあり
その回りに「犬小屋」があるんだけど一匹一室くらい部屋数がある(笑)
運動量も十分だし、幸せな犬さんたちです。

20140118i.jpg





精子と卵子で・・・
近所の喫茶店も仕事する気があまりなくて、
今日が仕事始めw
なので、まあ、おつきあいで行って来ました。

で、ビッグコミックオリジナルの新しいのが来てて、
こんなのが始まってました。

20140107a.jpg

原作が山上たつひこです。
がきデカは面白かったですねえ。
小説家になったと聞いてたんですがWikiによると
やめちゃって、また漫画界に戻ってるようです。

で、こんなシーンがありました。
たこ焼き屋さん店内の張り紙です。

20140107c.jpg

精子と卵子で
 人が産まれ
タコと小麦粉で
タコ焼きができます


名言です。
喜多嶋舞にも聞かせてやりたい。





謹賀新年2014
年が空け、一週間近く経ちましたが
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

さて、ここんとこ正月は読書です。
つうか、正月くらいしかゆっくり本読んでませんねw
今年はkindleで著作権が切れ、
無料となった本をダウンロードし読んでました。

その中のひとつ、坂口安吾の
「堕落論」にこんな下りがありました。

昔、四十七士の助命を排して処刑を断行した理由の一つは、彼等が生きながらえて生き恥をさらし折角の名を汚す者が現れてはいけないという老婆心であったそうな。現代の法律にこんな人情は存在しない。



人は変わりますからね。
美しいまま死なせてあげるというのも
当時の「人情」だったんでしょう。

忠臣蔵といえばやっぱこの人です。
新年早々YouTubeですみません。




6分あたりからの

雪を蹴立ててさく、さく、さくさくさく……
「先生!」「おお、蕎麦屋かぁぁぁ!」

は圧巻です。
1965年の紅白だそうで、
去年の紅白はどうだったのかな?

どういうストーリーなのかはコチラ
おかまの姐さんがうまいこと解説してくれてますw


行方不明になってた「少年H」がありました。
県外行ってる子供の部屋の本棚にありました。
僕の愛読書「写真時代」をベッドの布団の下に隠してた息子だけど、
こういった本も読んでたんだねぇ。

20140106a.jpg

なので読み直しました。
「少年H」は、第二次世界大戦数年前から終戦までを、
多感な少年であったHの目から見た自伝的小説なんだけど
その中にこういうシーンが出て来ます。
Hが妹の好子と、両親の故郷広島に神戸から汽車でいくのですが、
その車内での光景です。

しばらくすると、乗客はそれぞれの席の浜側の窓の鎧戸をバタンバタンと降ろしはじめた。海が見える須磨駅から西は、海側の風景を眺めることが禁止されていたからだ。そのことはHもすでに知っていた。しかし、実際にその光景を目にして、「そうか、これが軍機保護法かあ」とハッキリわかった。大人の人たちにとっては、こうすることが”旅の常識”になっているのか、誰からの指示もないのに、いっせいに立ちあがって鎧戸を閉め、自分から目隠しをしたのには驚いた。


「秘密保護法」もこんな法律ですね。
何が「秘密」なのか、聞いても教えてくれないそうですから、
捕まりたくなかったら気を利かし「自衛」する以外にありません。
とっても素敵な世の中が来そうですw

で、過去の日記において、とんでもない間違いをしでかしてました。
その日記では少年Hに関連しこう書いてました。

日本語を横書きで書くとき、
このブログもそうですが今は左から書きますよね。
こうなったのは「戦後」で、戦前は右からだと思ってました。
でもそうではなく、戦前も左から書いてたんだけど
漢字圏の国を支配し、そこの国民に日本語を教えるには
左から書いたのでは都合が悪く(*)、
そのための国策として右から書くようになった・・・
ということはこの小説で知りました。


あきらかにおかしいです(笑)
なんで気づかなかったんだろ?
寝ながら書いてたのかな?w
正しくはこうですね。

日本語を横書きで書くとき、
このブログもそうですが今は左から書きますよね。
こうなったのは「戦後」で、戦前は右からだと思ってました。
でもそうではなく、戦前は確かに右から書いてたんだけど
アジアの国を支配し、そこの国民に日本語を教えるには
日本語にローマ字を添えて書いた方が効率的で、
そのためには右から書いたのでは都合が悪く、
国策として左から書くようになった・・・
ということはこの小説で知りました。


です。
まったく正反対の事書いてました。
なので件の日記は訂正してます。

眠くなったので帰って寝ます。
おやすみなさ〜い。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。