** 新・コバッチョ日記+++☆音楽
FC2ブログ
空色のクレヨン

恋人よ 僕は旅立つ
東へと 向う列車で
はなやいだ街で 君への贈りもの
探す 探すつもりだ

いいえ あなた私は
欲しいものはないのよ
ただ都会の絵の具に
染まらないで帰って 染まらないで帰って

恋人よ 半年が過ぎ
逢えないが 泣かないでくれ
都会で流行の 指輪を送るよ
君に 君に似合うはずだ

いいえ 星のダイヤも
海に眠る真珠も
きっとあなたのキスほど
きらめくはずないもの きらめくはずないもの

恋人よ いまも素顔で
口紅も つけないままか
見間違うような スーツ着たぼくの
写真 写真を見てくれ

いいえ 草にねころぶ
あなたが好きだったの
でも木枯しのビル街
からだに気をつけてね からだに気をつけてね

恋人よ 君を忘れて
変わってく ぼくを許して
毎日 愉快に過す街角
ぼくは ぼくは帰れない

あなた 最後のわがまま
贈りものをねだるわ
ねえ 涙拭く木綿の
ハンカチーフ下さい ハンカチーフ下さい



木綿のハンカチーフ、詩が抜群にいいですよね。
松本隆はやっぱ天才や・・・
と、僕ら仲間内ではそうなってますw
御本家の太田裕美さんです。



1975年末の発売です。
それから5年後・・・



哀しみの裏側に何があるの?
涙さえも氷りつく白い氷原
誰でも心に冬を
かくしてると言うけど
あなた以上冷ややかな人はいない

君の手紙読み終えて切手を見た
スタンプにはロシア語の小さな文字
独りで決めた別れを
責める言葉探して
不意に北の空を追う

※伝えておくれ
十二月の旅人よ
いつ……いつまでも待っていると※

この線路の向うには何があるの?
雪に迷う トナカイの哀しい瞳
答えを出さない人に
連いてゆくのに疲れて
行き先さえ無い明日に飛び乗ったの

ぼくは照れて愛という言葉が言えず
君は近視まなざしを読みとれない
疑うことを覚えて
人は生きてゆくなら
不意に愛の意味を知る

(※くり返し)



「さらばシベリア鉄道」、
これも作詞は松本隆ですが、

誰でも心に冬をかくしてる

行き先さえ無い明日


このあたりの表現がもう最高ですね。
で、オマケに2012年、
おばさんになってしまった太田裕美さん・・・w




とっくに引退してるのかと思ってたけど、
透き通った伸びのある歌声に
余裕(貫禄?w)がプラスされ、
まだまだ魅了してくれます。

「木綿のハンカチーフ」のギターは鈴木茂で
「さらばシベリア鉄道」の作曲は大滝詠一・・・・とくれば

「はっぴいえんど」の曲ではこれが好きです。



空いろのクレヨンで きみを描いたんです
そっぽ向いた 真昼の遊園地で
花模様のドレスが とてもよく似合うんで
ぼくのポケットに 入りきらないんです
ぼくはきっと 風邪をひいてるんです

きみの瞳の中で 雲が急に雪崩れると
表通りは ブランコのように揺れるんです
画用紙の中のきみは とても綺麗すぎるんで
透き通った冬に 帰ってしまうんです
ぼくはきっと 風邪をひいてるんです





スポンサーサイト
[PR]

口紅も付けない少女だったんだけど・・・


恋人よ
君を忘れて
変わってゆく
僕をゆるして・・・



贈り物を探すことすらしなかったし
都会の絵の具は好みではなく、
ましてやスーツを着ることなんてなかった。

最後のおねだりもなかったよね。


でも、ただただ懐かしいです。
太田裕美のオリジナルよりいいし。




Human
ついに意味が分かりました。
The KillersのHumanです。

およげ!対訳くん」という、
ふざけた名前の真面目なサイトを見つけまして、
そこに「対訳」が載せられてました

まずはオリジナルの英詩から。

I did my best to notice
When the call came down the line
Up to the platform of surrender
I was brought but I was kind
And sometimes I get nervous
When I see an open door
Close your eyes
Clear your heart

Cut the cord

[Chorus]
Are we human?
Or are we dancer?
My sign is vital
My hands are cold
And I'm on my knees
Looking for the answer
Are we human?
Or are we dancer?

Pay my respects to grace and virtue
Send my condolences to good
Give my regards to soul and romance
They always did the best they could
And so long to devotion
You taught me everything I know
Wave goodbye
Wish me well

You got to let me go

[Chorus]

Will your system be alright
When you dream of home tonight?
There is no message we're receiving
Let me know is your heart still beating?

Are we human?
Or are we dancer?
My sign is vital
My hands are cold
And I'm on my knees
Looking for the answer

You got to let me know

[Chorus]

Are we human?
Or are we dancer?

Are we human
Or are we dancer?



で、次に対訳です。

聞き逃すまいと必死だった
列に並びながら
自分の名前が呼ばれるのを
誰かの言いなりに
ならなきゃいけないその場所に
自分から好きで来たわけじゃなかったけど
優しい気持ちはもっていた
時々不安になるんだよ
自分の目の前に
開いたドアが現れると
だからそういう時は目を閉じて *
余計なことは考えるな

そしてその「コード」を切るんだ

[Chorus]
自分の頭で考えて
自分で決めて行動する
それが「人間」ってものだけど
俺達はそうなのか?
それとも誰かに操られて
ただ踊っているだけの
「人形」みたいな存在なのか?
血圧とか心拍とか
そういうものを見ていれば
「生きてる」ってことはわかるけど
この両手から
体の温もりは感じられない
だからどうしても
その答えが知りたいんだよ
俺達は
自分ってものをしっかり持った
「人間」だって言えるのか?
それとも誰かに操られて
ただ踊っているだけの
「人形」みたいな存在なのか?

これからは
品の良さとか美徳とか
そういうものともお別れだから
ありがとなって伝えてくれ
善なんていうものにも
もうお目にかかれないから
残念だって伝えてくれ
魂とか恋愛とかにも
元気でなって言っといてくれ
今まではそういうものに
本当に世話になったから
献身なんていうヤツとも
もうこれでお別れだ
お前らがこの俺を育ててくれたんだ
だから手を振ってお別れだ
俺の幸せを祈ってくれよ

もういいよな?

[Chorus]
ちゃんとやっていけるのか?
お前が今夜の夢の中で
昔の自分に出会っても
メッセージなんか受け取ってない
教えてくれよ
お前の心臓は今もまだ動いてるのか?

自分の頭で考えて
自分で決めて行動する
それが「人間」ってものだけど
俺達はそうなのか?
それとも誰かに操られて
ただ踊っているだけの
「人形」みたいな存在なのか?
血圧とか心拍とか
そういうものを見ていれば
「生きてる」ってことはわかるけど
この両手から
体の温もりは感じられない
だからどうしても
その答えが知りたいんだよ

ちゃんと教えてくれよ

[Chorus]

俺達は
自分ってものをしっかり持った
「人間」だって言えるのか?
それとも誰かに操られて
ただ踊っているだけの
「人形」みたいな存在なのか?

俺達は
自分ってものをしっかり持った
「人間」だって言えるのか?
それとも誰かに操られて
ただ踊っているだけの
「人形」みたいな存在なのか?



以前の日記で、ボーカルのブランドンの言葉から

「僕たちは人間だろ?意気地なしなんかじゃないよね?」

というメッセージかな?
とか書いたんですが、なんとなく「アタリ」ですw




画面にでっかく「FC2」のロゴが現れてますが、
目障りな方はそこをクリックするとFC2の動画サイトに飛び、
ロゴなし尚且つ大きな画面で見ることができます。
ただし確認してるのはパソコンのみです。
スマホや携帯はどうなんだろ。





霧の中でひとり
霧が出てました。

20140130.jpg

冬場には珍しいですね。
お客さん、無事着いたかな?



オマケ・・・








真理ちゃんも今は・・・
先日、可愛い女の子を撮影する機会に恵まれまして、
鼻の下伸ばしながら撮影したわけですが、
その子のお父さんと僕に妙な共通点がありまして、

まずは同い年。
で、高校の頃はガリガリだったが今はブヨブヨ。
昔はいくら食べても太らなかったのに
今は水飲んでも肉がつく(ちょい大袈裟?w)
趣味は写真・・・・

とか、いろいろあったんですが
極めつけはコレ。
天地真理のファンだった(笑)。
でも、その子のお父さんは握手までしてもらってて
僕は会ったことすらないという大きな違いがありました。